プロミスの審査内容とは

プロミスは消費者金融の中でも規模が大きい金融業者ですから敷居が高いように感じられますが、他の消費者金融との違いはほとんどありませんので、店頭での申込みや自動契約機、WEBサイトからも利用することが可能です。
審査内容に関してもほとんど同じですから、キャッシングの基本を守れば審査に不安になる必要はないと言えます。
審査内容の各社比較については主婦の借入れを参考にしました。
プロミスに申し込む際には、融資条件を満たしていることが重要ですから、年齢制限や総量規制の範囲内での借り入れとなります。

特に意識する必要はありませんが、虚偽の申請をしないことはどこの消費者金融でも同じですから、正しい内容を記載することが大切です。
プロミスでは自動審査を行っていますので、WEBからの申し込みでは3秒で融資可能かどうかの診断が行われます。
その後正式な融資額が決められてキャッシングの利用が可能となります。
キャッシングではWEBから来店不要で申し込めるのが一般的ですが、プロミスでも来店不要で申込みが可能となっています。

また提出書類はメールで送付することが可能ですから、申し込みから融資までの時間を短縮することが可能です。
申し込み時間によっては即日融資も可能ですから、急な出費に対応することも可能なのです。
審査に通らない条件はどこの金融業者でも同じで、総量規制の枠を超えてしまっている場合は融資が受けられない訳ですが、複数の金融業者を利用している場合には合計額に対して総量規制がかかりますので間違わないようにする必要があります。
プロミスでも他の金融業者と同じように、金融事故がある場合には融資を受けることができなくなります。
金融事故とは延滞や滞納、任意整理などをいいますが、返済能力が無いとみなされますし、返済の意志が無いとみなされても仕方がないのです。

しかし融資を行うための条件を満たせば確実に利用が可能となりますので、総量規制や金融事故などが無ければ高い確率で利用することができるのです。