キャッシングで10万円、みんなどんな理由で借りるのか:遊興費

キャッシングで10万円はそれほど多い融資ではありません。
簡単にキャッシングできる金額です。
規制の範囲にはまったく届いていません。
それにキャッシングはフリーローンですから、遊興費に使うことも可能です。
ここでは理由別に解説します。

サラリーマンが投資に使う場合
最近はサラリーマンの副業が流行っています。
例えばFXです。
FXは外資系投資の一つですが、少ない資金でも始めることができます。
10万円のキャッシングでも十分です。
もちろん外資系投資という理由でもキャッシングできます。
外資系投資は真面目な投資ですが、遊興費という扱いになります。
サラリーマンは安定しているので審査に通りやすいです。

専業主婦がショッピングに使う場合
ショッピングはクレジットカードだけではありません。
現金払いしかできない買い物なら、キャッシングしたほうが良いです。
10万円の融資は難度が低いですし、専業主婦でも借りることができます。
収入が少なくても審査で不利になることはありません。
旦那さんの収入もありますから、不利ではないです。
もちろんパート収入があると有利になります。

学生やフリーターが利用する場合
学生やフリーターが利用することもできます。
学生は収入が少ないので限度額が下がりますが、フリーターの場合は収入によります。
フリーターは働いていますから、正社員と同じような扱いになります。
つまり収入によって利用限度額が決まるということです。
学生やフリーターが利用する場合は借りすぎに注意してください。